仕様 ハイビジョンで撮影した高画質映像を、高画質状態で編集します。編集完了後、DVDにするために最終段階でMPEG-2にエンコード。
出来るだけハイビジョン高画質を保ったうえで最終的にDVD-videoを制作。
取込み
SDカード(SDHCカード) SDカメラタイプ
HDVテープ(miniDVテープ) miniDVカメラタイプ
ハードディスク HDDカメラタイプ
拡張子が下記のもの可能です。
(その他の場合、お問合せください)
問題なく取込み可能な拡張子


.mts .m2ts .m2t .MTS
メディア内のPRIVATE/AVCHD/BDMV/STREAMフォルダ内にある、拡張子.mtsのファイルがAVCHDファイルです。
前の階層であるPRIVATEフォルダごとDVD-Rなどに焼いて提供してください。
SDカード(SDHCカード)の場合はカードごと提供してください。
必ずPRIVATEフォルダごと提供してください。.mtsファイルだけだと、取込み変換に多大な時間を要します。
不明な方はメディアごと提供してください。
取込みに時間のかかる拡張子 .TOD
映像データをDVD-Rなどに焼いて提供してください。
編集ソフトがダイレクト取込みに対応していないため、取込みのために変換ソフトを利用しますが、その変換に多大が時間が要します。(一般的に普及している拡張子ではない 某メーカー特有拡張子)

拡張子の確認はカメラの取扱い説明書をご確認ください。
もしくはUSBケーブルでパソコンに接続して外部ドライブとして階層から映像デーやを確認してください。

制作 DVD制作(MPEG-2)のエンコード(変換)する最終段階までHDVとして編集を行います。
手順として出来る限り高画質を維持した上でDVD制作となります。
その為、取込み・編集の全てにおいて通常のスタンダード映像より多くの時間を要します。

圧縮 ハイビジョン映像をDVD-videoにするには必ず圧縮が必要です。
(圧縮しないでDVD-videoを制作してほしいという要望がありますが、それは不可能です。せっかく高画質で撮影したからそのまま残したいという要望だと思いますが、DVD-videoの規格はMPEG-2という圧縮した規格です。ただそれをいつ行うかで、出来る限りの高画質が維持が可能です。
料金 通常のDVD編集制作の他に、HDV編集料金が必要(上記理由により)になります。
  例えば:30分以内のHDV映像  メジャーパック(5,000)+HDV編集(@900×2=1,800) = 6,800円
注意心得 ハイビジョン撮影でも、上手く条件を揃えて撮影しなければ綺麗な映像は撮れません。(全ての撮影条件を満たすような魔法の映像ではありません)撮影の基本は標準画質映像と同じです。



※現在の所、Blu-rayDisk制作には対応していません。誤解のないようにご理解お願いします。
※これからハイビジョンビデオカメラ購入検討の方は、全てにおいて効率のよいSDビデオカメラがお勧めです。