超〜急ぎ制作

大阪から制作期間が正味2日ない急ぎ依頼。
当然ながら、すべての素材が揃っているものだと思ったら、
メインとなる肝心な映像がギリギリになるということ。

映像が主体となって編集作業のフォーマット作られる為に、
スライドショー用の写真やメッセージを頂いても、
本格的に制作が行なえない。
という厳しい現状でしたが、先方の方で、
急ぎの期日指定に余裕があったために、数日ズレて無事に完成。
ただ、先方の余裕を聞いたのは後だったために、それまでの緊張感が半端でなかった。

急ぎ制作の条件には、素材を揃っていることが重要な条件。
転送サービスを使う場合は、パソコン操作のスキルを持っているのも重要。

大変だった甲斐があって、感想が貰えました。
感想メールは、やって良かった、また頑張ろっと思わせる。
スクリーンショット 2015-10-31 14.58.40

内容はオジリナリティに溢れた内容で、
バレエダンスを交えた、メッセージ映像です。

honjyo
(オープニングシーン)

コメントを残す